魂の理想に生きるYOKOのトリニティーアート
ホームへ 滝本洋子プロフィール 滝本洋子著書 マスコミ掲載 リンク お問い合わせ

1970年代
フォーク歌手、中村洋子として活躍。
渋谷の「ジャンジャン」などのライブハウスや各地のコンサートなどで演奏活動をする。
中津川フォークジャンボリーなどにも出演。
クラウンパナムレコード、CBSソニーレコードなどからメジャーデビューする。
●「風船」ミッキーカーチス作詞作曲。
●「あなたのいない夜」荒木一郎作詞作曲。
●「赤い靴」岩谷時子作詞、三沢郷作曲。
●「花の海」二条冬詩作詞、栗田俊夫作 曲。
その他、 などレコート発売。
丁BСテレビドラマ【赤い靴】の主題曲、
丁BSテレビワイドショー【3時にあいましょう】エンデングテーマソング
「午後のささやき」阿久悠作詞、戸倉俊一作曲などを歌う。
山形放送ラジオ「デイトナイトミュージック」、
「歌謡エキスプレス」などのDJレギュラー番組を持つ。
「ギンザNОW」などのテレビ、ラジオ番組にも多数出演。
1980年代
坂本九が歌う【独り暮らし】の作詞を手がける。
ライターとしてラジオ台本、作詞、紀行文などを書く。
ラジオ番組「滝本洋子の奥様一口メモ」のパーソナリティーをつとめる。
1995年
後に我書アートと呼ばれる墨文字アート詩画の創作を始める 。
月刊誌「月刊カドカワ」6月号から12月号に 詩画(我書アート) を連載。
滝本洋子長女滝本久美子著書、登校拒否の体験ルポ「私、たたかう中学生」(滝本久美子著、KKロングセラーズ)を プロデュース。
1997年秋
「KINTAROAME〜きんたろあめ」(三五館)出版
1998年
松竹映画オープニングロゴ「HUMAN DREAM」 のHとMを製作
1997年から2000年
N丁丁ホームページ上で、インターネット滝本洋子作品個展連載
(山田かまち作品掲載後、滝本洋子がページを引き継ぐ)
1998年10月
滝本洋子「心の詩画展」を中目黒サンアートギャラりーにて開催
1998年
独自の手法で描く、直観のアート「コンシャスアート」の制作をこの年よりスタート する。
2000年9月
「あなたのまんまで素敵」宙出版)出版
PUREYOKO.COM インターネットサイトオープン
2000年8月
無限へのいざない 滝本洋子展 スピリチュアルアート 銀座夢工房にて開催
2000年
「日本美術選賞」受賞
2001年
「アニバーサリ−芸術賞」受賞
「現代日本芸術家大賞」受賞
2001年5月
いやしを越えて 滝本洋子 スピリチュアルアート展
原宿ニューエイジセンターにて開催
2001年5月下旬
レディースエキスポアートショウー に出展
2001年9月
フナイオープンワールド ファーブル館 アネモネブースにて作品展示
2001年
月刊誌「ムー」(小学館)10月号綴じ込み付録にてコンシャス・アート掲載
2002年5月
CONSCIOUS ART コンシャスアート 滝本洋子 意識のアート展
原宿ニューエイジセンターにて開催
2003年3月
第一回「我書アート」のワークが東京で開催スタートす。

その後「我書アート」のワークショップは東京を中心に、八ヶ岳伊豆仙台広島 などで開催され 現在にいたっている。

2004年4月
「我書アート」ワーク参加者たちのグループ展を神田のSGギャラリーで開催。
2005年
我書アート」の商標登録を得る。
2007年
表参道ギャラリーロートにて「滝本洋子コンシャスアートと我書アートグループ展」 開催。

東京優空間ギャラリー「滝本洋子直観で描くコンシャスアート展」開催。

仙台みやしんギャラリー「滝本洋子の世界コンシャスアート展」開催。
2008年2月
(株)トータルヘルスデザィン企画運営、
我書アート゛書きはじめ゛ワークショップ開催。
2008年6月
矢吹紫帆と滝本洋子ジョイントコンサート
。。。私の中の愛と光の世界へようこそ!。。。。
2009年3月
東京中目黒ライブハウス「楽屋」にて、
フォークコンサート「ライブインラクヤ」に出演。
2009年9月
DVD「光の風」コンシャスアート滝本洋子の世界
動くアート完成。
2010年3月
東京中目黒ライブハウス「楽屋」にて、
フォークコンサートに出演。
20100320_rakuya
2016年11月3日(文化の日)
滝本洋子復活ライブコンサート開催。
会場:東京中目黒ライブハウス「楽屋」

Copyright © 2000-2007 Yoko Takimoto. All right reserved.
Designed and maintained by cootaroo

Flash Player このページはFLASHを使用しています。上部にムービーが表示されない場合は、左のアイコンから最新のFALSHプレーヤーをダウンロードください。